読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webエンジニア susumuis の技術ブログ

このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません

僕がコラボしたいと思う理由

よく人に雑談で言ってることを書いてみました。駄文です。忙しい人は読まないでください。

このブログのプロフィールとか、僕のTwitterのbioとかに「クリエイティブな人とコラボしたい」と書いています。でも、僕はコミュ力が高い方じゃなくて、初対面の人に積極的に話しかけるのも苦手な方です。人に頼むのがめんどくさいから自分でやってしまったりします。そんな僕がよく「コラボ」「コラボ」って言っているのはなにか不思議に聞こえるかもしれません。そう思った経緯を考えてみました。

初めて人とコラボして作品を作ったなと思ったのは、高校の時、先輩が作ったVBのゲームを当時出たばかりのiアプリ用Javaに移植したときでした。自分ではこんなアイデアは思いつかないし、そもそもベースとなる知識もないので、移植作業を行いながら先輩に尊敬の念を感じていました。ただ、プログラムの美しさについては、Javaで書いた僕のコードの方が上だという自信がありました。この作品がなければ、僕は人に「これを作った」と言える成果が学生時代に残せなかったと思います。

  オリジナルはまだ公開されています。
  物質作成 〜分子ができるよ〜 - 窓の杜ライブラリ

  僕のiアプリ版はもうバイナリでの配信をやめてしまいましたが、
  こちらにソースをpushしてます。*1
  https://github.com/susumuishigami/bunshi2


次に強烈な経験としては大学時代の思い出です。当時僕はコンピュータサークルのプログラミング部門のリーダーをしていました。まあ、C言語のいろはを教えたりしますが、ただ、黒い画面にHello, worldと出してばかりではつまらなくて飽きてしまうので、何か工夫をしたりします。そこに、ある年入った新人が強烈なセンスのやつでした。

まずはHello, worldを教えて、次にじゃあ、「数あてゲーム」を作ってくださいと課題を出します。数あてゲームってのはこんなのですね。

私が思った数字を当ててください
> 1
もっと大きいです。
> 100
もっと小さいです。
> 50
もっと大きいです。
> 75
惜しい!
> 77
正解!

答えの数字はランダムじゃない方が面白いんですよ!どの数字を選ぶかは作る人次第ってわけです。特定の数字を入れたら面白いメッセージをいれるのもありです。その課題に対して彼が作って来た作品はこんなのでした。

1〜300までの話術であの子を口説け
次の話術は何にしますか? > 1
きみはオヤジギャグを言った。あの子はしらけているようだ。
次の話術は何にしますか? > 200
きみの話にあの子はクラっときた。
次の話術は何にしますか? > 220
ここは日本の山の話をしよう
次の話術は何にしますか? > 223
きみは富士山の話をした。。。君はあの子の心をゲットした

のような感じだった思います。正確な文章とかは残っていないので、適当に僕が書いているので異なっていると思います。
ソースコードは延々のif文でした。printfとscanfだけでよくここまで作るものだと、クリエイティブな人ってほんとちょっとしたものを与えるだけで、作品を作れるのですね。

次に与えた課題は、rand()関数を教えたので、じゃんけんゲームを作ってくるようにという課題でした。想像できますか?彼が作って来たものはこんな感じだったかなと思います。(記憶をたどっているので多分違って、もっとナイスな文体です)

君の話術で彼女を落とせ
君の精神力:100
彼女の精神力:100
1> 積極的な話題 2>無難な話題 3>必殺技

1〜3がじゃんけんになっていって、勝ち負けによって「精神力」が削られていくのですね。出力されるテキストがまた面白かったです。まあ、少々テーマが下品ではありますが、彼の文体はそれが許せる面白さがありまして。僕が書くとただのヘンタイみたいなのですが、そこら辺が彼のセンスでした。

悪のりした僕は、

「僕がビジュアルな画面を出力するインターフェース作るから、きみは黒画面にprintするだけのゲームを作ってくれれば、本格的なゲームが作れるよ!」

と言いました。ということで、作りました。
僕が人生で一度だけギャルゲー*2を作った黒歴史ww

それは、画面に

#ぷるぷる

と書くとキャラクターがぷるぷる動くとか、ピカピカ光るとか必要なエフェクトを彼と話し合いながら、僕はJava Swingを使って作り上げました。この機会がなければ、まず作らなかったでしょう。僕がSwingを使った経験はこのときだけです。それにしても
学祭の当日は恥ずかしかった!!
けど今では良い思い出です。

そんなわけで何が言いたいかというと、僕にないものを人に提供してもらって、僕はその人にないものを提供する、その結果作品が残るというのが気持ちよかったというわけです。つまり、クリエイティブな才能を持っている人に、その才能を発揮する手段提供することの楽しさを感じてしまい、それが今の仕事にも繋がったと思います。

だから、昨年秋の発表(JJUG CCC 2013 Fall で発表してきました - susumuis Info)で、一緒に発表してくれたデザイナーさんが

「プログラミングできないのに、自分でプログラム作ってるみたい」

と言ってくれたことは、僕にとってこの上ないうれしい言葉でした。

自分は今Web業界に身を置いていますが、Webの好きなところは、誰でも簡単にページが作れて、それはCSSによって自由に見栄えをいじることができ、JavaScriptによって動かせてしまうところです。コミュ力の乏しい人間なのでSNSとか人と繋がってどうのこうのってのは実はあんまし興味がないんですよね。

はっきり言ってビジネスとしてうまく行くかどうか、人を幸せにするかなんて二の次です。コラボすること自体が楽しいんだから仕方がない。それができるなら、どんな努力もするわけで、それが僕が技術を勉強する原動力なのかなと最近思っています。

今日もそういうわけで、自分の技術を磨き、コラボ相手を探しています。

以上、何の価値もない駄文をここまで読んで頂きありがとうございました。

*1:もうビルドする環境を作るのは辛いかもしれません。どうしても動かしたければ参考: https://www.nttdocomo.co.jp/service/developer/make/content/iappli/tool/doja/doja51/

*2:というにもおぞましいくらいB級なクソゲー